お葬式の供養品の準備はどうするの?

お葬式の供養品について

お葬式当日はもちろん、お通夜及び法要に参列される方向けに、主催者は供養品という形で返礼します。ここでは、お葬式の供養品についていくつか説明します。

粗供養とは、法事や法要の際に、参列者様からいただいた供養に対して、お返しをすることですが、これは関西圏での用語です。関東では志ともいわれています。いずれも香典返しという意味です。本来なら、四十九日法要を済ませて、忌明けに郵送などでお渡しする形でした。これは、別名満中陰志といわれています。近年では、参列者様全員に間違いなくお渡ししたいこと、送料や手間のコストを削減したいことなどから、当日に手渡しすることが一般的です。

粗供養品の選び方ですが、不祝儀の一種でありますから、いつまでも手元に残るものはお勧めできません。洗剤や石鹸など使えば消えてなくなる日用品もその一つです。だたしこれらは、匂いに好みがわかれるものですから、出来るだけ無香料でベーシックな石鹸の香りがするものが無難です。消え物の線引きは難しいところですが、タオルや手ぬぐいも使い込めば生地が消耗してしまうので、消え物の一種です。色合いも出来るだけ落ち着いたものが良いでしょう。食料品の場合は、定番は海苔やお茶のセットなど食べたら消えてなくなるものがあります。お菓子やコーヒーの詰め合わせなども問題はありませんが、生鮮食品など日持ちがしない食料品、喜ぶを連想させる昆布も、粗供養品としては避けた方が良いです。その他としては、食品と日用品を組み合わせて一つのものに絞らない商品を送ることも出来ます。

お葬式に出席された方向けへの粗供養品の費用の相場ですが、お通夜・告別式当日に来られる方向けには、概ね1,000円以内の粗品が選ばれます。地域によってはルールやしきたりも違いますから、地域の方はもちろん葬儀会社の方に相談するのも確実な方法です。また、一括りに供養品を用意しても、法的に粗供養品を受け取らない方、お香典はお渡ししても予め受け取りをお断りされる方もいます。その場合には、無理に押し付けようとはしないで、何かしらのお礼という形をとるので差し支えないでしょう。

お葬式の供養品は、消耗品であれば問題ありません。幅広い年齢層ですし、好みも違いますから、それぞれに合わせる必要はありませんが、少なくとも不快に感じさせない品を選ぶことが大切です。地域・宗派によっても、供養品の相場などは変わりますので、その点は予め確認する必要があります。

最新投稿